まどろむ酒器〜桜〜
季節の風物詩 桜
まどろむ酒器〜花火〜
季節の風物詩 花火
まどろむ酒器〜紅葉〜
季節の風物詩 紅葉
まどろむ酒器〜紫陽花〜
季節の風物詩 紫陽花

日本の季節を彩る風物詩が鮮やかに色づく

まどろむ酒器

16℃以下の温度に反応し、色づく銅・錫の酒器。

  • 材質 銅・錫メッキ
品番 規格 径×高さ(mm) 重量(g) 容量(ml) 価格(税別) 価格(税込) 入数 JANコード
31912 オリジナル φ61×H88 135 150 2700 2,970 1×80 4989083319123
31913 φ61×H88 135 150 5,000 5,500 1×80 4989083319130
31914 花火 φ61×H88 135 150 5,000 5,500 1×80 4989083319147
31915 紅葉 φ61×H88 135 150 5,000 5,500 1×80 4989083319154
31916 紫陽花 φ61×H88 135 150 5,000 5,500 1×80 4989083319161
31917 雪椿 φ61×H88 135 150 5,000 5,500 1×80 4989083319178

銅に錫でコーティングされた金属製酒器

銅に錫でコーティングされた金属製の酒器。表面には季節を感じる様々な柄を施し、およそ16℃以下の冷たい液体を入れると柄が色づく仕掛けの酒器です。



銅という金属は、熱をよく伝える金属素材であり、酒器を持ったときには、手や唇でひんやりとした冷たさを感じることができます。表面にメッキされた錫という金属は、イオン効果が高く、水やお酒を浄化する効能を持っています。そのため、古来より「錫の器に入れた水は腐らない」「お酒の雑味が抜けておいしくなる」などと言われてきた素材です。日本酒は特に、雑味が抜けてまろやかな味わいになります。


温度で色づく季節の風物詩

表面の柄は冷たい温度に反応して色づく仕掛けになっています。およそ16-17℃以下の冷たい液体を入れると、花はまるで咲き誇るように、花火はまるで打ちあがるように色づきます。お酒を注いで、色づく変化を目で見て楽しみながらお酒を味わえる、新しい酒器です。



まどろむ時間を楽しむ

酒器に注いだり、注がれたりしながら色づく様を楽しむ。この酒器には、お酒を飲むシーンの、人と人がつながる瞬間を楽しめる魅力があります。もちろん、お酒だけでなく、様々な飲み物でもご利用いただけます。


大切な人に贈るギフトに。イベントに。レストランや日常の食卓にあらわれる、特別な時間に。商品名には、この酒器を使って「まどろむ時間を楽しんでほしい」という願いを込めました。



 


↓製作秘話についてこちらからご覧ください↓


道具で伝える日本酒文化 温度で色づく「まどろむ酒器」に込めた想い